起床時の血圧の上昇を防ぐには寝床で行う1呼吸20秒の「心臓若返り呼吸」が効果大

起床直後は、誰でも血圧が高い 心筋梗塞の発作は、特に寒い季節の午前中に起こりやすいことがわかっています。心筋梗塞は生活のリズムが変わる月曜日や気温6度未満の冬の朝に多発 この季節や時問帯は、血圧が変動しやすいため注意が必...

高血圧体質で多い「血流不足体質」は夏でも手先、足先が冷えているのでぶるぶる体操で改善 「手足ぶるぶる体操」のやり方

手足の冷え、むくみがでやすい人は血流不足体質 こちらのページで5タイプに分けられる高血圧体質を紹介しましたが、高血圧体質の第一にあげられるのが、「血流不足体質」です。血流不足体質の人は、末梢血管の血流が滞りがちのため、手...

危険の前ぶれ

特に注意するのは脳卒中と心筋梗塞 高血圧の人が突然襲われる危険症はひ人といろいろありますが、頻度のうえでいのは、脳卒中と心筋梗塞の発作です。そして高血圧治療の本来の目的は、こういった病気を防ぐところにあるのですが、いずれ...

症状

血圧が影響しているとは限らない 高血圧の人が、肩こりや頭痛、めまい、手のしびれを訴えるのは、それほど珍しいことではありません。また、朝日がさめたとき、胸がつまるとか、胸痛を覚える人も多いようです。 しかし、このような症状...

たばこ

米国はたばこを危険視する およそ先進諸国のなかで、日本ほどタバコを吸う国はほかにないでしょう。それでいて、タバコと関係の深い肺がんや心筋梗塞という病気は、日本がいちばん少ないのです。 これは世界の7不思議の1つかもしれま...

アルコール

アルコールと高血圧 ひと口にアルコールと高血圧との関係といっても、その内答はたいへんに複雑です。まず第一に、アルコールを常飲すると高血圧になるのかという点については、欧米では、「どうもそうらしい」という調査結果があります...

危険動作

血圧を変動させる大きなきっかけは、日常生活のなかに多数あります。会議や運転での精神的緊張、感激やイライラなどの感情的興奮、そして肉体労作など、ストレスはくり返し私たちを襲ってきます。 また、排便、せき込み、重い荷物の上げ...

肥満対策

運動による熱量消費は少ない 太っていればいるほど血圧が高くなり、体重を減少させると血圧が下がることは周知のとおりです。そして、肥満を解消するために運動が必要だということは誰でも知っていることですが、実は、運動で消費する熱...

運動

運動をすれば血圧は上昇する 肉体労作をすれば血圧、脈拍ともに上昇します。同じ運動量を負荷したときの血圧値や脈拍数の増加は、高齢になるほど、程度も大きくなるものです。 しかも同じ年齢でも、高血圧の場合は正常血圧に比べて血圧...